« Google Chromeのソフトアップデート用圧縮技術Courgetteが面白そうなのでちょっと考えてみた | メイン | Snow Leopardの感想とアップデート後に行ったこと »

ロジクールのBluetoothマウスM555bの感想

ロジクール(Logitech)はしばらく普及価格帯ではBluetoothのマウスを発売しておらず、仕方なく並行輸入品のV470を使っていましたが、少し前にやっと国内向けにM555bというのが出たので買ってみました。

最近海外製のノートやネットブックには装備率が上がってきているBluetooth。ドングルなしで使えて前から結構好きなのですが、種類が少なく困っていました。

感想:

  • 単三電池2本を入れると少し重い->単4アダプタで軽量化
  • トラッキング良好
  • クリック感良好
  • 質感まずまず。個人的にはつや消しでもう少しさらっとしている方がいい
  • 電波の感度 良好

EeePC 901(Ubuntu Linux 9.04)のEeePCとMacBook Airで使ってみましたがどちらともあっさり繋がり動作に問題もありません。

他機種と比較:

  • V470より電波の出力なのか感度なのかがいいようです
  • トラッキングもいい感じ
  • Microsoftの5000シリーズはホイール回転のクリック感が安っぽく固いので、めちゃくちゃ使用感が悪く投げ捨てたくなりましたが、こちらは良好です。
  • 5000シリーズより重い
  • マウスのキャリングポーチがついていない
  • 中ボタンがホイールではなく手前のボタン。ホイールは高速移動との切り替え
ということで、結構お勧めです。少なくともMSの5000よりずっといいと思います。
唯一難点としてはスリープ復帰?がちょっと遅いこととPCのバッテリー消費速度が上がることでしょうか。

ちなみにUbuntu 9.04でのペアリング、画面のBluetoothマークからウィザード出してちょろで繋がりました。/etcの下をいじらないとつながらない時代とはは隔世の感がありますねえ。

また私はたまたまヨドバシカメラで買いましたが、宣伝になってしまいますがamazonで買う方がだいぶ安い。ヨドバシではほぼ定価4980円にポイント10%ですが、アマゾンは3460円。

ロジクール Bluetoothマウス M555b

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.browncat.org/cgi-bin/mt/mt-tb-abc.cgi/844


コメント (3)

mike:

はじめまして。こちらでお聞きしてよいものなのかわかりませんが、もしわかりましたら教えてください。
ワイアレスでマウスを使用したいと思い、評判の良さそうなロジクールM555bを昨日購入しました。
私の使用しているDell Inspiron mini10Vでubuntu9.04で使用しています。
しかし接続してもBluetoothデバイスウィザードで、認識されていないのです。デバイスドライバーを入手する必要があるのでしょうか。
ちなみに、MacBook Airではこのマウスは動作しています。
少し気になるのは、デルの機種の仕様には、通信用ワイアレスは、Wi-Fi bgn, Bluetouth ワイヤレステクノロジー装備の内臓ワイヤレスLANと書いてあります。無線LANとBluetoothマウスは同時には使えないということでしょうか。
ご回答頂けましたら嬉しいです。

mike:

すみません。今朝555の件で書き込みをしたのですが、その後調べたら、オプションでの指定が必要なようでした。削除してください。失礼致しました。

yamap:

返事がおそくなりすいません。

上手く動いたようでなりよりです。
私の所のeeepcでは特になにもせずにすんなり動作しました。
最近のLinuxは便利になったものですね(笑

コメントを投稿

(お書きになったコメントはすぐには表示されません。ご了承ください。)


About

2009年08月19日 19:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Google Chromeのソフトアップデート用圧縮技術Courgetteが面白そうなのでちょっと考えてみた」です。

次の投稿は「Snow Leopardの感想とアップデート後に行ったこと」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

           

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.36

Twitter


デル株式会社ads

注目エントリー